2006年 07月 28日
27.Jul.2006 (Thu)
渋谷・AXにて、マッドネス23年ぶりの来日公演。

どうしても行きたかったライブなのだ。昨年のアルバムを聴いたときにまず思ったのが「ライブで観たい!」というものだったので、とにかく楽しめるんだろうという期待が大きかったのだが、大いに満足させられるものだったのである。

フジロックで観るのを楽しみにしている人もいるかもしれないからあんまり書くと楽しみも減ってしまうかもしれないが、初期のヒット曲はほとんど披露、やたらと外国人率の高い中僕らも負けじと盛り上がった。
2度目のアンコールでは「20年も演奏していない曲をやるよ」と言っていたが、それは僕ら30代半ば以上の日本人なら誰でも知っている、本国ではB面曲だったアレのことである。何百回とプレイしてきたであろう往年のヒット曲のつるべ落とし状態とは比較にならない演奏のこなれてなさに苦笑しつつも、ファンサービスとしては最高である。きっとフジではもっときちっとやってくれるに違いない。

まあ演奏自体が完璧だったなどとは言うつもりはないし、もっと緊張感のある演奏だったらそれはそれで満足度も上がったのかもしれない。でも例えば「It Must Be Love」のコーラス部分でのルーズなタメを利かせたリズム感などはぐっと来るものがあったし、それに、演奏力の完璧さを求めて僕らは集まったんじゃない。気楽に、思い思いに、彼らとの時間を楽しみたかったんだ!

それにしてもマッドネスって貴重なバンドだと思う。誰にも愛されるキャラクター、両手で数え切れないほどのヒットシングルという持ち球の多さ、そしてスタンダードとしての楽曲のパワー。英国労働者階級にしかわからないユーモアやトラジコミカルな部分なんかも大きいんだろうけど、逆に僕らは少しでもそういったものを理解しようとマッドネス(やキンクスなど)を先生にしてたんだっけ。タイプは違うかもしれないが、曲の持つ精神性の根底はザ・ジャムなんかと共通するものがあるように、今日感じた。

やっぱり「ハイ・フィデリティ」のイカれたレコ屋店員・バリー同様、ぜひとも僕の葬式では「One Step Beyond」をかけてもらいたい。もちろんすぐにとは言わない。少なくとも今日のメンバーたちくらいな「ちょい悪オヤジ」を目指さないといけないしね!(笑)

The Dangermen Sessions Volume One
MADNESS
V2 V2CP-216, 2005
ISBN : B0009RJECE
[PR]

# by deadfunny | 2006-07-28 01:22
2006年 07月 14日
13.Jul.2006 (Thu)
レコード4枚。

Judee Sill
JUDEE SILL
Asylum SD5050, 1971
先日買ったアサイラム・レコードの本でも、いちおう重要アーティストとして取り上げられていたジュディ・シル。やっぱファーストの完成度の高さにはいつ聴いても脱帽、ということで、USアナログ盤を探してみた。あっさり安価でホワイトレーベルの美品を落札。

Painted Head
TIM HARDIN
Columbia KC31764, 1973
たしか未CD化のアルバムを600円ほどで。カバー集になっているが、選曲は渋め。ウィリー・ディクソン、ジェシ・ウィンチェスター、ランディ・ニューマンなどにまじって、ピート・ハム作のバッドフィンガーのナンバーが2曲も入っているのが面白い。アップル・スタジオやジェフ・エメリックのクレジットもあるので、そんな縁からだろう。全盛期を過ぎての録音と言われるが、好きな音だ。

Model Village / Rickety Frame
THE LOFT
Static Caravan VAN116, 2006
ピート・アスター(ピーター・アスター)がクリエイション・レコーズ黎明期に率いていたバンドが、20数年ぶりに再結成、ヘフナーのダレン・ヘイマンをゲストに迎えて7インチをリリースした。まごうことなき'80's UKインディ・サウンドが聴けるのでご安心を。ピート自身のソロ・アルバムも出るとか出ないとか。

My Stupid Band
THE HIT PARADE
JSH JSH9, 2006
こちらも再始動組で、2003年の復活後たぶん3枚目のシングルになるが、買ってみるのは初めて。かつてのレコードよりもさらに元気が増しているような感じで、アルバムも楽しみになってきた。

その他、PiLの「Metal Box」のアナログ再発(缶入り)も購入。やっぱり好きです。
[PR]

# by deadfunny | 2006-07-14 01:46
2006年 07月 12日
11.Jul.2006 (Tue)
シド・バレット死去の報

やはり、特別なミュージシャンである。1970年前後の由緒正しきロック伝説を体現した人物であり、また彼の不在は彼がまだ生存していることにより、よりその意味を特別にしていたと言っていいだろう。かつて「I Know Where Syd Barrett Lives」というタイトルの歌があったが、「どこかで今もなおシドは生きているのだ」という言い方は、エルヴィス生存説やジョン・レノン生存説(そんなものがあるのか知らないが)とはぜんぜん違う種類の、彼に思いを寄せる人の数だけ受け止め方がある、リアルなメッセージだった。

うーん、なんかうまく言えないや。

つまり僕が思うにさ、人生そのものをドロップアウトして30数年、シドはどこかに生きていて、「夜明けの口笛吹き」「帽子が笑う...不気味に」「その名はバレット」「オペル」の各アルバムの印税はたぶん今でも定期的に振り込まれていて、ずっと経済的には安定した生活を送っていたのだけど、その実生活は僕らのロック幻想に応えてくれるような、廃人同様のドラッギーで狂気に満ちた生活だったのかもしれない一方で、懸命のリハビリを乗り越えて精神的にも復活し、ピンク・フロイドのメンバーとも日常的に交流してたりして(絶対どこかで「Live 8」とか観てたんじゃないかと思うんだが)、でも自身が与えられたポジションをよく理解して隠遁を続けることを選んだのかもしれないわけで、もしかしたらあなたの隣人がシド・バレットその人だったのかもしれないという、そんなリアルさって言うのかな・・・。

ちょっと違うな。
でもまあとにかく、シド・バレットはジャニスでもジム・モリソンでもヘンドリックスでもなく、故に特別だったわけで、故に時代の流れとともに変わる世の中と黙してリンクし、見えない大きな影として影響を与え続けてきたわけだ。シド・バレットは、「どこかに生きている」という曖昧な「活動」だけで、凡百のミュージシャンを凌駕し、圧倒的な劣等感に陥れることに成功した稀有な存在だった。そして、そのアーティスト活動についに終止符が打たれ、僕らもシドの暗黙の呪縛から開放されることになるのだ。

今はご冥福を祈ります。そして、後日「シド・バレットの愉快な老後」みたいなのが白日の下に晒され、彼が、幸福な人生を送った世紀の詐欺師だったことが明かされると嬉しいなと思うのです。
[PR]

# by deadfunny | 2006-07-12 02:42
2006年 06月 06日
5.Jun.2006 (Mon)
おなじみYouTubeのメンテナンス時に謎のメッセージが出たというニュース。
YouTubeに謎のメンテナンス?画面 (ITmedia News)

20世紀からインターネットが家で使えて、それなりにそのときどきの流行りものについての情報も入ってきていたと思っていたのだが、この画面の元ネタになっている「All your base are belong to us.」(以下、AYB)のことは恥ずかしながら初めて知った。詳しくはWikipediaの説明などに譲るが、ようするに日本のテレビゲームの海外版を出す際に、日本人が翻訳して出来たヘンな英文がどういうわけか連中のツボに入り、瞬く間にこのフレーズが世界に伝播した、という話である。



もともとは「君たちの基地は、すべて我々がいただいた」と言いたかったもので、文法的にはおかしいもののまあなんとか意味は伝わるだろう、というレベルのいい加減な言い回しなのだが、このAYBフレーズを写真などに合成したり、Flashムービーにした作品が数多く誕生、それらを集めたサイトも存在する。なぜ'80年代のゲームの話が突如2000年前後にブレイクしたのかはよく知らないが、英語圏のオタク界隈から派生したジョークアートの合言葉として、現状AYBを知らぬ者はいないかのようになっている。

つまりこれって「ダダ」だよね。我々日本人がバカにされているなどと邪推できるレベルを超えた破壊力で、ほんの一時期ながらも世界を席巻し、そしてこうして今もことあるごとに復活してくる意味不明フレーズ。英語の感覚がよくわからない、という人でも、AYBをどんなビジュアルに取り込んだら笑えるかで競い合った連中のバカパワーの結晶をただ眺めれば、笑えてしまうのではないだろうか。

こちらのサイトがオススメです。)

追記(6月7日):
ここまで書いて、「例の化け物」ことスプーの一件について触れていないのもヘンだよな。ただ、YouTubeで騒いでいるのが日本人だけなら何てことはないが、これが世界的にブレイクすればYouTubeの無法地帯時代を飾る事件として、「AYB」同様にネット史上に記憶されることだろう(すでにYouTubeによる公式削除メッセージまで出たし)。
[PR]

# by deadfunny | 2006-06-06 02:35
2006年 06月 02日
1.Jun.2006 (Thu)
ビューティフル・サウスの新作が到着。

Superbi
THE BEAUTIFUL SOUTH
Sony/BMG 82876 83115 2, 2006
いきなりドブロやバンジョーの音が聴こえる曲で始まる。そういえば最近はわりとカントリーっぽい音を出すような曲もあったっけね。とは言っても音楽的にコンサバになりきっているわけではなく、ポップなメロディや曲調は変わらず、そこここに隠し味的に挑戦的な色合いも持ってきている(それこそドブロがアナログシンセのぶよぶよ音と絡んだりとか)。詞に関しては(僕には)難しい表現もありですぐに何か語れるわけではないのだけど、受ける印象は従来どおりか。愛に疲れた、みたいなやつとかね。

正直新しいファンをこのアルバムで獲得するのは難しいかもしれないが、'90年代を彼らの音楽と共に過ごした僕のような人には、前作のカバー集とあわせて是非聴いていただきたい。

******

全然関係ないけど、10年位前に読んで衝撃を受けた一橋文哉「闇に消えた怪人」を、増補された文庫版で再読した。「グリコ・森永事件」の裏側のことなど何一つ知らなかった前回は、あまりの内容にぐいぐいと引き込まれるように読み進んでいったのだが、今回は思い出すように、それでも一気に読みきった。

実はこのちょっと前に同じ人による「オウム帝国の正体」という本も読んでいて、これも当時は知る由もなかった裏事情がいろいろと明かされていて面白かった。どちらにも共通するのは、背後にある大きな力にもとづく事情により、全容の解明はされ得なかったという結論である。

一橋文哉の著作については、ブンヤ魂のこもったドキュメンタリーだと感心する向きもある一方で、フィクションまじりのエンターテインメントだと理解して読んだほうが面白い、というような言い方をする人も多い。結局テレビなどの大手マスコミが相手にしていないじゃないか、というのが根拠のようだが、扱うのもやばい案件で警察も手を出せないわけだから、それは仕方がない(と言ってしまえば勝ちという論法もないかもしれないが)。

そりゃもしかしたら自分の推論を通すためにノンフィクション仕立てで織り交ぜた部分もあるのかもしれないが、取材がうまく行かなかったことに関してはちゃんとその記述もあるし、内容そのものには信頼がおけるのではないだろうか。単に、多くの人にとっては知らなくても生きていけるようなことについて書かれているために、信憑性について疑ってしまうだけなのかもしれない。

まあ大手企業の役員や国会議員にでもならなければ関係ないような話だ。なるつもりの人は心して、そうでない人はエンターテインメントとしてでもいいので、一度は通ってみては。

闇に消えた怪人―グリコ・森永事件の真相
一橋 文哉 / 新潮社
ISBN : 410142621X

オウム帝国の正体
一橋 文哉 / 新潮社
ISBN : 4101426236
[PR]

# by deadfunny | 2006-06-02 01:05
2006年 05月 29日
28.May 2006 (Sun)
一週空いたが、とくべつ忙しかったとかではない。ネタがなかっただけといったほうが正確か。

CDの新譜は以下の2作を。

Surprise
PAUL SIMON
Warner Bros. 9362-49982-2, 2006
6年近くぶりの新作。サウンドでブライアン・イーノやチャド・ブレイクが全面的に参加、演奏ではハービー・ハンコック、スティーヴ・ガッドなどの名前が見られる。9・11以降初のソロアルバムになるが、時間が経っているからかこの人だからか、詞の表現としては控えめ。でも「Wartime Prayers」などさすがにぐっと来るような曲も。地球的・宇宙的な広さや深さをテーマにしたようにも見えるし、水に関する単語が太字で印刷されている歌詞も興味深い。

Under the Covers, Vol. 1
MATTHEW SWEET AND SUSANNA HOFFS
Shout! Factory DK97654, 2006
いにしえのペイズリー・ポップが好きに違いない二人による'60年代ものカバー集。曲目を見ただけで聴く前からいいことがわかっているような作品だ。ビートルズやディラン、フー、ビーチ・ボーイズなどの王道から、ゾンビーズ、レフト・バンク、ラヴなどの「はまりそう」な曲、さらには意外なところではフェアポート・コンヴェンションまでを取り上げ、愛情溢れる完コピが否が応にも盛り上げてくれる。オススメ。

その他アナログでは、ピーター・ブレグヴァドやスクリッティ・ポリッティの12インチ、デフ・スクールのベティ・ブライトのソロLP(プリンスの「When You Were Mine」カバー収録)など。
[PR]

# by deadfunny | 2006-05-29 03:28
2006年 05月 19日
18.May 2006 (Thu)
チャンピオンズリーグ決勝、バルセロナ-アーセナル戦は、めちゃめちゃ面白い試合だった。18分でのアーセナルGK・レーマンの退場の判定に大きく試合は左右されてしまったのだけど、そこからアーセナルが先制して折り返したことで、(まあバルサが逆転するだろうとは思っていたけど)一瞬たりとも目が離せない展開に。まあ、何度も衛星回線が乱れて映像が途切れたんだけどさ・・・。

イングランドサッカー好きなのでアーセナル視点でずっと見ていたが、アシュリー・コールがあそこまでやれるんだったらワールドカップのイングランドには明るい話題だ。キャンベルもよくやってたし。そして一人少ないなか前線に張ったりディフェンスに戻ったりと孤軍奮闘したアンリには惚れ直した。W杯でホナウジーニョ率いるブラジルにリベンジを挑むのも楽しみにしたい。

******

先日ボーナストラック付きのリマスターCDで買い直した故アラン・ハルのファースト「Pipedream」(Charisma)がよくて、結局セカンドも2曲多いCDで買ってしまった。

Squire
ALAN HULL
Warner Bros. Masters 81227 3593-2, 1975/2001
人懐っこくて味わい深い、愛すべき一枚。実はファーストよりこっちのほうが好きだったりする。ボーナストラックは、シングルのA面曲と未発表曲が1曲ずつ。

そしてさらにBBC録音の2枚組なんてのも。

When War Is Over
ALAN HULL
NMC Music PILOT37, 1998
1973年~'75年に録音されたBBCセッションから計11曲と、1975年のライブ9曲(ジャケットには10曲クレジットされているが「Dealer's Choice」は入っていない)。ファーストのボーナストラックにもここから使われているものがある。名曲「Gin and Tonics All Round」が2ヴァージョン、「One More Bottle of Wine」が3ヴァージョン入っているのがいい(ホントかよ?)。

ついでにエルトン・ジョンのRocket Record Co.からリリースされたRadiatorというグループ名義のアルバムと、サード・ソロも聴き返したけど、もうちょいといったところだった(ともに未CD化)。
[PR]

# by deadfunny | 2006-05-19 01:11
2006年 05月 17日
16.May 2006 (Tue)
パートの主婦から社長に ブックオフ、橋本常務昇格

古本買い取り販売のブックオフコーポレーションは16日、女性パートから入社した橋本真由美常務(57)が社長に昇格する人事を発表した。創業者の坂本孝社長(66)は会長に就任する。6月24日付。上場企業でパート出身の社長は異例だ。(中略)橋本常務はタレントの清水国明さんの姉。

ブックオフには、CDのせどりでだいぶ稼がせていただき世話になった。時間のあるときなど、狂ったほどデカいブックオフに長時間立てこもり、籠が満杯になるまでCDを積み込んでレジで怪しまれたりしたものである。

その間、10分おきくらいにブックオフのテーマ曲のようなものが流れ(あのねのねが歌っているらしい)、そこに清水國明のナレーションがかぶる。何パターンかあるが、例えばこんなやつだ。

ブックオフのことならなーんでも知っている、ヘビーユーザーの清水國明です。
みなさん持ってますか? 私は持ってますよ! 「何を?」って訊くようじゃ、どうやら知らないようですね!
教えちゃいましょう! ブックオフ会員カードのこと!


ほかにも「中古なのにピッカピカ!」「私が思うにですね、まず店がきれい、それに立ち読みも自由ときてるから、ホントたまらないですよね」「ところがところが!」「売ってみたーい!」「申し込みたーい!」「今すぐレジカウンターへ」などなどの國明フレーズが、知らず知らずのうちに頭にこびりついてくる。バス釣り擁護派で有名な清水國明だが、今では「ブックオフの人」としてのほうが通りがいいだろう(あのねのね? それは僕も知りません)。

※前にも書いたことがあるが、この清水國明の口上を全パターンテキストにしてアップしてくれる人はいませんか?
(例の歌については、こちらをご参照のこと・・・ぬるヲタが斬る「BOOK OFF ヘビーユーザーの曲」

というわけで、表題の記事の見出しだが、「パートの主婦から社長に」というよりは「清水國明さんの姉、社長に」のほうが正しいような気がした。
(「パートの主婦が社長に」だったらもっと面白かったんだが・・・)

******

今日買ったCD:

On the Corner of Miles and Gil
SHACK
Sour Mash JDNCCD006X, 2006
元ペイル・ファウンテンズのマイケル・ヘッド率いるシャック、オリジナル・アルバムでは通算5作目(たぶん)。
僕はシャックのアルバムが出れば毎回買っているが、さてどれだけ好きと言い切れるのだろうとここ何作か買うたびに思う。ファースト「Zilch」は愛聴したが、ペイル・ファウンテンズの2枚のほうが好きだった。来日公演は正直期待したほどでもなかった。発掘されたというセカンドや、マイケル・ヘッド&ストランズのアルバムはほとんど記憶にない。
が、「H.M.S. Fable」って結構いいアルバムだったよね。前作も同レベルにあったような。そして今回も感想はいっしょだ。気に入らないことがあるとすれば、そこに何の驚きもないということだろうか。

Search for Paradise: Singles 2004-5
THE WEDDING PRESENT
Manifesto MFO43902, 2006
昨年のアルバムからカットされた3枚のシングルをカップリング含めすべて集め、別ヴァージョンも収録したCDに、DVDもつけたコンピレーション。今の彼らの充実っぷりを伝えるアルバムと言っていいと思う。

ワン・イヤー(紙ジャケット仕様)
コリン・ブランストーン
Sony Music Direct MHCP985, 1971/2006
元ゾンビーズの人のファースト・ソロ。グループ解散後、ニール・マッカーサー名義で3枚のシングルをリリースしたあとに名前を戻しての作品。ボーナス・トラック一曲のために購入。
[PR]

# by deadfunny | 2006-05-17 02:00
2006年 05月 09日
8.May 2006 (Mon)
オーストラリアのバンド、ゴー-ビトウィーンズのグラント・マクレナンが急死した。詳細はわからないが、あまりに突然な話に驚いたし、15年以上聴き続けているバンドで思い入れも強いだけに辛いものがある。数年前に来日公演を観た記憶も新しいというのに・・・。

初めて買ったのは大学に入った年、バンドが一回目の解散をしたあとに発表された2枚組のベスト盤。渋谷のWAVEにアナログ盤が1,800円とかで売られていたのを買ったものだ。もしあのとき、「CROSSBEAT」誌がレビューで満点をつけていなければ、あるいはWAVEが2,500円以上でレコードを売っていたら、僕がこのバンドに出会うのはさらにずっと遅れていたかもしれない。いや、必ずやどこかで出会っていたのだろうが。

ゴー-ビトウィーンズのバンドとしての魅力は、二人のタイプの異なるソングライターがほぼ同じくらいの曲を持ち寄ってアルバムを作っているところにあった。ルー・リードやテレヴィジョンの影響を受けたような気難しそうな歌を歌っていたのは、相棒のロバート・フォースターのほうで、若い頃の僕はロバートの歌のほうが好きだった。「Draining the Pool for You」や「Man O'Sand to Girl O'Sea」、「By Chance」、「Part Company」・・・特に初期において、印象的な歌は数知れない。
が、4作目あたりからグラントの作る優しさ溢れる歌のほうがバンドのカラーになっていった感じが個人的にはある。3作目収録の「Bachelor Kisses」はすでに代表曲だっただろうが、「Bye Bye Pride」や「Streets of Your Town」といったシングル曲に込められたシンプルで強いメッセージに涙しそうになったことが、幾度あったことだか。

'90年代のソロアルバムもだいたい押さえているが、ロバートの作品のほうをよく聴いた記憶があり、グラントのはずいぶんと地味になってしまった印象だった。そして2000年にまさかの再結成、そしてアルバムの発表、来日・・・と活動が活発になり、二人のマジックが戻ってきた。充実したアルバムを届けてくれ、これからもまだまだやってくれそうな気がしていたのに・・・。

ちょっと今はレコードを引っ張り出して聴く気になれないでいる。でも、音楽を通して「知っていた」故人に思いを馳せ、少し落ち着いたら聴き込みの足りないソロアルバムから少しずつ聴いていってみようと思う。本当に感謝しています。

本日の一枚。音楽についてヒトリごと。 (追悼記事)

「BARKS」記事
[PR]

# by deadfunny | 2006-05-09 03:45
2006年 05月 03日
2.May 2006 (Tue)
Rストーンズ、キース「回復」で欧州ツアーは予定通り

とりあえずキースが無事でよかったね。あれだけロックンロールな生き様により多くの信奉者を生んできたキース・リチャーズが「椰子の木から落ちて死んだ」なんてことになったら、それは悲しい出来事というよりはむしろ、ガッカリといったほうが近いだろうからね・・・。

まだ聴いていないんだけど、ストーンズの新譜がけっこういいらしいんだって。っていうか、前作も前々作も聴いていないんだった。
[PR]

# by deadfunny | 2006-05-03 00:52