2005年 03月 31日
31.Mar.2005 (Thu)
未見なのだが、木村拓哉が主演する4月スタートの月9ドラマ「エンジン」の番宣CMで、キンクスの「I Gotta Move」が使われているのだという。「All Day And All Of The Night」のB面曲であるこの歌(1964年)が月9主題歌になるとはさすがに思えないが、果たしてキンクスのほかの歌が「プライド」におけるクイーンのように主題歌で使われるなんてことが、日本のテレビ的にあり得る話なのだろうか?まあ、かつて研音所属のノーザン・ブライトなるバンドが月9で使われ、それでも売れなかったという黒歴史もあるにはありますが・・・。

そりゃおめぇ(某社長の真似です)、キンクスって言ったらちょっとロックを知っているような連中だったら誰もが認めるバンドだろうし、名曲と呼ばれる歌も一つや二つではない。10や20でも済まないくらいだ。でも、かと言ってそれが一般受けするのかと訊かれたら、答えは明らかにノーである。クイーンが売れたのは曲がポップでキャッチーだからというのがあるだろうし、過去に日本でアイドル的な人気でブレイクしていたことがあったというのも大きいだろう。キンクスに関しては、ポップさ、キャッチーさはあるし、アヴァンギャルドなところなんてかけらもないが、恥ずかしくなるようなわかりやすさまでは兼ね備えていない。「You Really Got Me」ですらカラオケで歌っても盛り上がらないだろうし、アイドル人気なんてもってのほか、クイーンが「Bohemian Rhapsody」とかやっていたころは大所帯で「SOAP OPERA」とか「不良少年のメロディ」なんてレコードを出していた連中である。

一時期に比べればずいぶんと知名度も上がったとは思うけど、ここで女子高生レベルにまで聴かれるようなことがあっても、まあ別に悪いことじゃないんじゃない? ベスト盤の歌詞を穴が開くまで読んで、英国特有の湿り気のある詞的センスに価値観を揺さぶられる17歳・女子が日本に100人でもいるようなら、他の全員に忘れられようが日本の未来は明るいさ(たぶん主題歌にも挿入歌にもなりませんが)。

それにしても、木村拓哉が「ぶっちゃけお前のこと愛してるぜ!・・・ちょ待てよ!!」とか言っているバックで「All Day And All Of The Night」のイントロが鳴ったりしたら・・・それはフジテレビのゴールデンというよりは、頭のヘンな奴が家でパソコンで編集したマッドムービーの世界である。待てよ、「Come Dancing」とかなら成り立つか・・・?(だからキンクスにはならないってば)
[PR]

# by deadfunny | 2005-03-31 23:59