<   2015年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2015年 11月 07日
7.Nov.2015 (Sat)
5年ぶりになんか書いてみようかな。

この間にTwitterとかのSNSの隆盛があったので、長文綴るブログ形式はなんとなく衰えてしまった気がするのだけど(検索上位にもなかなかブログ記事が上がってこない)、やっぱり140字で瞬間的な寿命しか持たない投稿はあまりに刹那的で、せっかく言いたいことがあっても投稿のタイミングによって広がったり誰の目にもとまらなかったりで、ちょいもったいない。

今年始まったApple Musicなどのサブスクリプション系音楽サービスの影響で、個人的にはCDを買う枚数が激減した。ただ、パッケージメディアに興味がなくなったのかというとそうでもなく、代わりにアナログレコードをまた買うようになった。

d0019537_12484244.jpg
Matthew Sweet and Susanna Hoffs "Completely Under The Covers" (2015)
2006年、2009年、2013年と3枚に渡ってリリースされたカバー集企画に、アルバム未収録の音源を加えたコンプリートボックスで、CDは4枚組、このアナログは6枚組。レコードはカラーヴァイナルとなっている。

過去の3枚はCDで買ってきていることもあり、6枚組にしては価格も買いやすくなっていたアナログで購入。Vol. 1の’60年代編ではラヴ「Alone Again Or」やレフト・バンク「She May Call You Up Tonight」のカバーが白眉で、この辺はスザンナ・ホフスのヴォーカルやハーモニーによるところが大きいかな。キンクス「VGPS」などが追加。
Vol. 2は’70年代編で、今回初めて聴いたテレヴィジョン「Marquee Moon」完コピが、おんなじことやってた自分の学生時代を思い出してしまうこともあって高ポイント。バッドフィンガー「Baby Blue」、クイーン「Killer Queen」とか、それぞれ一番好きな歌を取り上げているところも共感ポイント。
Vol. 3では1曲目にR.E.M.「Sitting Still」。自主制作デビューシングルのB面曲ということで、当時近いシーンにいたマシュー・スウィートとこの曲との関わりに思いを巡らせる。プリンス「I Would Die 4 U」も良い選曲。UKものはどれも普通な選曲かなあ。スミスなら…とかバニーメンなら…とかなくもないけど、それはまあいいや。


気が向いたらまた何か書きます。

[PR]

by deadfunny | 2015-11-07 13:00