<   2008年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2008年 02月 20日
20.Feb.2008 (Wed)
あまり起伏のない生活を送っています。毎日が一緒、みたいな・・・。

先週の話になるけど、東京ドームでのポリス再結成公演(初日)を観た。前座がスティングの息子のバンドだったのだけど、間に合わず・・・。

まあ、正直「こんなものかな」というところと「さすが」というところと。一曲目の「Message In A Bottle」をスティングが原キイで張りのある歌声で歌ったときは、全盛期のポリスってのはこんなだったんかなあと感慨も起きたのだけど、次の「Synchronicity II」で早くも失速。その後繰り出されるヒット曲でも、スティングに関して言えば、キイをかなり下げながら、それでも高い音に到達しないようにうまく歌い回しを変えて逃げていたのがありありで、そりゃ往年のハイトーンボイスを期待するのが間違っているのかもしれないが、残念なところではあった(昔のライブでもそんなに高音全開で歌っていないのもあるけど)。

演奏については、個人技はさすがに際立っていたけど、ところどころアンディに関しては危なっかしいところが散見され、また個人間のインタープレイに関してもまだまだリハビリ中、最強のロックトリオはこんなもんじゃないだろう、という気にさせられた。とくにインプロのパートでは、ドームの音響環境もあるけどかなり不利だったように思う。

大幅なアレンジ変えで効果的だったのは「Wrapped Around Your Finger」。ドラムセットの奥にあるパーカッションの山をスチュワートが飛び回って音を鳴らしていくさまだけでOKだし、その音も曲に新たな魅力を与えるに十分だったと思う。キイは下げてたけど(笑)

そして、スティングが声をセーブしていた理由の一つに違いないのが、本編最後の「Roxanne」。これはさすがにキイを下げては興が削がれるし、歌い回しを変えてごまかすのも許されない曲だ。そして、スティングは歌い切ったわけですよ。「You don't have to sell your body to the night」のところとかレコードどおりに。これにはぐっと来た。

だけど、アンコールで戻ってきた一曲目「King Of Pain」では、すでに余力が尽きたのを見せてしまった。それでもお待ちかねのもう一曲「見つめていたい」では声も何とか回復し、2度目のアンコールではデビューアルバムの一曲目「Next To You」でカッコよく決めて終演。

まあそれでもね、いろいろ書いちゃいましたけどね、いいの。あの3人が同じステージに立っているのを見られただけで。冷静に見れば「5点満点で星3つ」なライブだったけど、別の意味で満足度は高かったわけですよ。

そりゃあなた、ポリスって言ったら、MTV世代の僕なんかからしてみれば相当思い入れのあるバンドだし、リアルタイムでは最後の「シンクロニシティ」になんとか引っかかったっていうレベルなので当然当時の来日公演は観られていない。スティングのソロは初期はわりと追っかけていて、中学生のときに公開された映画の「ブルータートルの夢」はレイトショーを父親と観に行ったりもした。高校に入ったくらいの頃が一番はまっていて、バンドで練習しようとしてみたり(実際ライブでやったことはないかもしれないけど)。映画と言えば、去年だったかの「インサイド・アウト」も観に行ったっけね(これはここで書いたかな?)。

あと、実は今でもスティングのソロアルバムは全部発売と同時に買ってきている。いや、ファーストだけは兄が買ったんだった。「ポリスのほうがいい」とか当時は言っていたけど、今聴いたらどうかな。

ポリスをもう一度生で観る機会は、さすがにもうないだろうと思う。一番凄かった頃のポリスをやっぱり観られなかったのだということを改めて感じさせられながらも、それでもけっして不幸せなことだとは思っていないのが、彼らの音楽の「スピリット」ゆえの「マジック」だった、ってことで、うまく〆まりましたかどうか。
[PR]

by deadfunny | 2008-02-20 22:55