<   2006年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2006年 08月 13日
12.Aug.2006 (Sat)
会社でたまにMXテレビをつけて見ているときがあるのだが、2、3日前に劇場版「Bugってハニー」を放送していたのには驚いた。大半の人がもう忘れてしまったに違いないが、このアニメ作品の主人公はあの高橋名人である(劇中では「高橋原人」)。仕事をしながら垂れ流しているだけだったのでストーリーなどはまるで追っておらず、ヒロインなのか敵キャラなのかわからないアイドルのようなキャラが、攻撃を受けて苦しむ表現がやたらとサディスティックだったのだけ印象的だった。

さて、ブームから20年経った現在もハドソンに勤務していると言われる高橋名人だが、当時はこの「Bugってハニー」の主題歌をはじめ多くのレコード(~CD)をリリースしていたらしく、また最近もベスト盤が出たり、新曲をリリースしたりと、歌手活動もたまに行っている。けっこう歌も上手かったのだろうか。

まあ、そんなことよりも高橋名人と言えば例の「16連射」だ。1秒間にファミコンのひとつのボタンを16回押すという技で、当時誰もが真似したわけだが、実際出来たかどうかを確認したという話は周りで聞いていない。たしか測定器とかあったよね・・・。

で、高橋名人も実は自分用のコントローラにばねを仕込み、イカサマをしていた廉で捕まったという変な噂が流れた。所謂「都市伝説」というやつだ。

「高橋名人」をWikipediaで調べて、わかったことなども上の文には混ぜてあるのだが、Wikipediaの罪なところは、面白そうな単語がリンク表示されていると、つい本題を忘れて他の項目の解説を読んでしまうところだ。僕はそこで「都市伝説」の項を見てみたのだが、これが非常に面白い。自分が真実だと思っていたことまで、実は「都市伝説」だったことが明記されていて恥ずかしい気持ちにすらなる。

都市伝説 - Wikipedia

「女性の下着着用は、1932年の白木屋火災がきっかけとなった」が所謂「ガセビア」であることは最近知ったが、たとえば「『ロンパールーム』の幼児途中退出事件」がちゃんと事実としては公式に確認されていないことや、「猫レンジ」訴訟が実際は存在しないことなどは知らなかった。また、国内の実例に関しては(最近のものを除いて)だいたい自分も聞いたことがある話だったのは面白かった。

テレビ東京が、湾岸戦争勃発時に「楽しいムーミン一家」を放送していた話は、そのとき自分が見ていたのでよく憶えているが、それは「昭和天皇が亡くなったときに通常放送をしていた」に形を変えて伝播した。事実、そういう記述をよくネットで見かけたものであるが、これまた当日テレビを見ていた記憶どおり、通常放送をしていたのはNHK教育のほうということで再確認できた(放映されていた昔の映画「心の旅路」を、他に選択肢がなく観た記憶がある)。

が、例の「ロンパールーム」の場合は30年前の話である。実際テレビで見た、という証言も多いようだが、本当に見たと間違いなく断言できるものであろうか。「都市伝説」が広がり、その場面のイメージがなんとなく定着してそのまま月日が経つうちに、見た(あるいは「録画を見た」など)という記憶が誤って生成されるということはじゅうぶんあり得る話である。


国家的な話から入社試験面接での出来事、ゲームの裏技まで、眺めてみると、本当にいろんな「レベル」で都市伝説って存在するのね。
[PR]

by deadfunny | 2006-08-13 00:22
2006年 08月 09日
8.Aug.2006 (Tue)
1960年代に活動した伝説的バンド=LOVEのフロントマン、ARTHUR LEEが白血病のため死去

周期的にラヴの「FOREVER CHANGES」がマイブームになる。今年はマシュー・スウィート&スザンナ・ホフスによる「Alone Again Or」のカバーがカッコよかったのがきっかけで、最近も「ミュージック・マガジン」誌でのロディ・フレイムのインタビューで紹介されていたり(ロディは「Oblivious」のギターソロのフレーズは「Alone Again Or」から借用した、と述べているが、「Maybe The People Would Be The Times Or Between Clark And Hilldale」の間違いだろう)、中古で見つけて買った「FOUR SAIL」を聴こうと開けてみたら「FOREVER CHANGES」が入っていたので返品した、なんてことがあった。

リリースのときから買おうとずっと思っていながらそのままになっていたセカンド「DA CAPO」のモノ&ステレオ入りCDが安くなっていたので通販でオーダーしていたところで、届く直前の訃報となった。

ラヴのアルバムは「FOREVER CHANGES」ばかり聴いていて、手元にある他のアルバムはあまり聴けていない。なのであまりわかったようなことは書けないが、でも断続的に活動はしていたにしても、現在の評価を見る限り、1970年代以降のアーサー・リーがかつての輝きを取り戻した瞬間はあまりなかったのだろうと思う。先日亡くなったシド・バレットや、あるいは近年精力的に活動を行っているブライアン・ウィルソンといった人たちと同列に語られることもあるが、他のラヴのメンバーはともかく、アーサー・リー自身はドラッグに染まってはいなかったようである。それだけに継続的なリリースや大きな評価の獲得が出来なかったのが惜しまれるが、「FOREVER CHANGES」で燃え尽きてしまったのだとしても、それはそれで納得できなくもない。

「FOUR SAIL」以降の作品の評価をあまり聞かないので、オススメのものがあれば教えてください。

祈・ご冥福。

Da Capo
LOVE
Elektra Traditions 8122 73604-2, 1967/2002
ISBN : B000066CQ9
[PR]

by deadfunny | 2006-08-09 00:48
2006年 08月 04日
3.Aug.2006 (Thu)
代々木・Zher the ZOOにて、元ライドのマーク・ガードナーのソロ・ライブ。ライドっていったらそりゃもう、僕の1990年代のシンボルみたいなイギリスのギターバンドだ。今回は初のソロ・アルバムに合わせての来日で、フジロックにも出演している。

6時半スタートということで律儀に時間どおりに入場したが、なんと4アーティストが前座に並び、始まったのは9時半くらいか。ビバ'90'sな30代のお客さんには立ちっぱなしは辛いだろうと思ったりして。

ライブはアコースティックの12弦ギター一本によるもので、昔ながらの若々しい青春の歌声に翳りを足したような幽玄フォークロックの世界を作り出していた。新作からの曲が多かったが、ライドの楽曲のアコースティック・アレンジと並べると、根っこにあるものが変わっていないことが窺える。シド・バレットに曲を捧げたり、元マノ・ネグラのマヌ・チャオのカバー(「Bob Marley Song」)を演奏したり、その場でサンプリングした自分の歌声をループさせながら、それに合わせてハーモニーを重ねていったりと、多彩なパフォーマンスで飽きさせなかった。アンコールでは「Drive Blind」も演奏。

ライドはデビューEPが出たときに買ったのが始まりである。1990年代が始まろうとしていた頃、当時18歳の僕は「クロスビート」あたりの情報を頼りにイギリスの若手ギターバンドのレコードを買いまくっていたが、特にクリエイションに関してはレーベル買いをしていた。そこに登場したのがライドだったわけである。

デビュー盤はもちろん気に入ったわけなのだが、誰しもがそうであるように、決定的だったのは2nd EP「Play」の1曲目「Like A Daydream」である。ああ、もうこれに尽きるさ。これだけで僕の青春の数十%は語ることが出来るかもしれない。というわけで、アルバム発表前に行われた最初の来日公演@クラブチッタ川崎、そしてその次の(たしか)NHKホールとライブを観に行った。アルバム「Nowhere」はどこへ行くにも持って行った(取り立ての運転免許といっしょにね)。

シューゲイザーなんて言葉が生まれて、チャプターハウスなんかと並んでライドもその一角とされていた。ただ彼らに関して言えば、アルバム後の初EP「Today Forever」あたりまでがその枠内だったような気がする(コレに入っている「Unfamiliar」を当時アコースティックでカバーしたっけな。今思うとすごく正しかったわけだ)。セカンドアルバム以降は音楽的な変化が続き、最終作「Tarantula」は相棒のアンディ・ベル(現Oasis)が大半の曲を書いた乾いた味わいのアルバムとなった。まあリリース時点で二人の仲が悪くなっていて、解散状態だったわけだが・・・。

それから10年くらい経っているわけである。その間、マーク・ガードナーとローレンス・コルバートがアニマルハウスというバンドを結成してあまり面白くないレコードを出していたことは忘れるとしよう。2002年にライドが再結成して限定のシングル(30分に及ぶノイズ・ジャムを収録しているらしい)を出していたことは、だいぶ後で知ったことなので、知らなかったことにしよう。ボックスやBBC音源集も買ったりしたっけ。まあとにかく10年ぶりにマークは姿を現したのだ。

ソロ・アルバムも結構気に入っている。あの声がまた聴きたくなった人は、手に取ってみては。

These Beautiful Ghosts
MARK GARDENER
United for Opportunity, 2006
ISBN : B000B6TR16
[PR]

by deadfunny | 2006-08-04 01:54