<   2005年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2005年 06月 30日
30.Jun.2005 (Thu)
飲みが続き、昨日なんか午後5時から午前1時までの耐久戦となってしまった。上司二人と延々飲みというシチュエーションは、なかなか緊張を強いられるものがあります。

最近届いたCD。

San Fran Sessions (Box)
THE BEAU BRUMMELS
Sundazed Records SC 11033, 1996
ISBN : B000003H0Z


Rhino Handmadeからのボックスを待っている最中に届いた昔のボックスで、1964年から1966年の蔵出し音源集3枚組。デモや別ヴァージョンが計60トラック。かなりマニアックなアイテムなので既に「資料」という感じになってしまっているが、「Just a Little」のハモり熱唱とか、いつ聴いても最高です。

Song to Comus
COMUS
Castle Music CMEDD1121, 2005
ISBN : B0007W0KJ2


「ウィッカーマン」ハリウッドリメイクの決定した今、やっぱコーマスでしょってことで最近出た2枚組のコンプリート音源集を購入。まだ途中までしか聴けていないけど、おどろおどろしくて、でもなかなか美しかったりする。(7月5日追記:ライナーでも「ウィッカーマン」とのシンクロニシティについて少しだけ触れられてました)

The Magic Numbers
THE MAGIC NUMBERS
Heavenly HVNLP 53CDX, 2005
ISBN : B0009IQLUG


イギリスの新人バンド。あまりニューウェイヴっぽくはなく、もっと音楽的には遡ったところのテイストが濃い。リズム、メロディ、ハーモニーと3拍子揃った、なんて書くとすごく古典的な感じがするけど、爽やかでオーガニックなのに心躍るいいアルバムだ。今の歌もの系バンドにしては珍しく、一曲が長い。

ところでこのマジック・ナンバーズ、国内盤(東芝EMI)はCCCDであるが、moraのサイトで有料ダウンロードした場合、音楽CDへの書き込みが10回まで出来るらしい。ダウンロードで楽曲を買ったことがないのでよくわからないところもあるのだけど、例えば圧縮ファイルの音質ということが補填になっていたりするのだろうか。今日日CD-Rに焼くよりは圧縮ファイルをパソコンや携帯プレーヤーにぶち込むほうが一般的なような気がするのだが。
[PR]

by deadfunny | 2005-06-30 23:43
2005年 06月 23日
22.Jun.2005 (Wed)
今月に入って買ったCDでまだ紹介していないものを。

This Will Be Our Year [CD #1]
THE BEAUTIFUL SOUTH
Sony Music UK 675746 1, 2005
ISBN : B0007KUJ18

This Will Be Our Year, Pt. 2
THE BEAUTIFUL SOUTH
Sony Music UK 675746 2, 2005
ISBN : B0007KUJ1I

2月にリリースされた、アルバムからの第3弾カットで、ゾンビーズのカバー。カップリングはアルバム同様カバー曲になっているが、知らない曲だった。この前のではスミスの「Heaven Knows I'm Miserable Now」をやっていて、必聴。そういや、前に買ってPAL方式だから見られていなかったクリップ集DVD、このパソコンなら見られるんだよな。

Singles Anthology
VIC GODARD & SUBWAY SECT
Motion PACECD013, 2005
ISBN : B0007QN8S8

ヴィック・ゴダードの最新ベスト。似たような企画が出るたびに買ってます・・・。でも、ヴィック・ゴダードが嫌いなんて人、いるのかね! 個人的には、エドウィン・コリンズの初来日のとき、新宿のラフ・トレード・ショップで行われたサイン会で、ツアーメンバーで来ていたヴィックと話したのが、ちょっとした思い出だ(当時は全然レコードが手に入らなくて、そんなことを話したら「テープを送るから住所を書け」なんて言ってくれたっけ。送って来やしなかったけど)。その場には、元ピストルズのポール・クックや、かのデニス・ボヴェルもいた。

Remixed [EP]
ELTON JOHN
Mercury/Island/Rocket B0002071-22, 2003
ISBN : B00018D5X0

「Are You Ready for Love?」がリヴァイヴァルヒットしたときに作られた5曲入りミニアルバム(アメリカのみ)。「Rocket Man 03」はドイツのみのリリースだったヴァージョンで、「Song for Guy」は最後に「Madman Across The Water」のイントロが絡むカッコいいリミックスになっている。

カルトGSコレクション(ビクター編)
オムニバス ザ・ダイナマイツ ザ・モップス ザ・フレッシュメン 織田哲也とサン・フラワーズ ザ・ジャイアンツ ほか
ビクター VICL-23047、1992年
ISBN : B00005GXA0

こないだ青梅のブックオフで250円で買ったもの。やっぱ「トンネル天国」「真夏の夜の動物園」のザ・ダイナマイツや「お前のすべてを」「朝まで待てない」のザ・モップスあたりが有名なのかもしれないけど、オックスの失神ライブも収録されているので、そちらも楽しみ(まだ聴いていない)。

Morning Glory: The Tim Buckley Anthology
TIM BUCKLEY
Rhino/Elektra 8122-76722-2, 2001
ISBN : B000059RJR

Works in Progress
TIM BUCKLEY
Rhino Handmade RHM2 7705, 1999
ISBN : B0000DJZ8W

最近少しずつ自分の中で存在を大きくしているティム・バックリィの、ベストと未発表音源集。ハウス・オヴ・ラヴの新作を聴きながら、彼らにも影響が大きかったのかな、とかふと思ったりする。

Mel Brooks' Springtime for Hitler
"LEGS" LARRY SMITH
MSI/Sanctuary MSIF3860, 2001
ISBN : B00005CBUB

元ボンゾ・ドッグ・バンドのメンバーのソロ・シングルで、メル・ブルックスの映画の挿入歌にインスパイアされたミュージカルのサントラとのこと(未聴)。今なら渋谷のレコファンで新品が350円で売っています(売り切れ御免)。

The Lot (Rmst) (Box) (Enh)
MADNESS
Virgin MADBOX2, 1999


マッドネスのアルバムをまとめて聴きたくなったときに、この箱の存在を知り取り寄せた次第。即刻iPodに6枚とも吸い込まれていきました。しかも各アルバムがCD-Extraになっていて、あの愉快なプロモの数々が(24曲も)見られる! どうせならホンダのCMも入れてほしかったぜ!

新たなる離陸(トゥーズ・ア・クラウド)(紙ジャケット仕様)
パイロット / BMGファンハウス
ISBN : B0009I8UZK


枯葉が落ちる庭園(ガーデン・シェッド)(紙ジャケット仕様)
イングランド / BMGファンハウス
ISBN : B0009I8UZA


さきほど買って来ました。パイロットは世界初CD化で僕も聴いたことがないアルバムだったので、けっこうワクワクしております。ワクワク。

で、お店で気になったのはコーマス、シェラ・マクドナルド、ビューローのそれぞれ2枚組全曲集。ビューローのCDは、「元デキシーズ・ミッドナイト・ランナーズ」とステッカーが貼られていたが、どっちかって言うと「ミック・タルボット在籍」のほうが大事なのではないだろうか? そう書けない政治的な事情でもあったりして。
[PR]

by deadfunny | 2005-06-23 00:44
2005年 06月 11日
11.Jun.2005 (Sat)
先代のパソコンを処分するにあたってデータの移行を少しずつ進めてきたが、ようやく目処がつき、あとはフォーマットをかけるのみ。もちろんゴミ箱を空にした後のデータの完全消去も忘れません。

******

マッドネスもしくはThe Dangermenの新作はカバー集で、しかもスカの古典などを由緒正しきスタイルでカバーしていたりするので、昨今のスカの人気の定着、もしくは2 Tone回顧といった時流に乗って日本でも話題になるかもしれない。7/20国内発売とのこと(なぜかキンクスの「Lola」、シュプリームズの「You Keep Me Hanging On」などもやっている)。

で、僕はというとマッドネスとスペシャルズをよく聴く日々である。前にも紹介したスペシャルズの3作のリマスターまとめ買いから始まり、シングル両面を徹底網羅した3枚組「Stereo-Typical」、さらにはオリジナルのアナログ盤も何枚か買ってみた。マッドネスはベスト盤ばかり聴いていたが、この機会にと初期6作をそのまままとめた「The Lot」なるCDセットも購入、到着を待つばかりである。チャンピオンシップ・ヴァイナルのバリーも、自分の葬式にかけてほしい曲トップ5の筆頭には「One Step Beyond」を挙げていることだし、なんたって僕ら日本人には忘れられない名曲「シティ・イン・シティ」(原題:In The City)を生んだ名バンドである。じっくり聴いてみるのだ。

Stereo-Typical: A's, B's and Rarities
THE SPECIALS
EMI/2 Tone 527 1542, 2000



で、デビュー曲「Gangsters」のシングル(2 Tone TT1/2, 1979)。A面にThe Special A.K.A.、B面にThe Selecterの曲を収めたスプリット盤、僕のはレーベルはソリッドセンターだが、プッシュアウトのものもある(工場の違いだったりすることもあるので、どちらがオリジナルというのは判断できないが)。「Gangsters」はエンディングのキメがカッコいいと思っていたのだが、実はシングルはフェイドアウト(の途中で例のキメ)になっている。シングル両面収録を謳った上記3枚組もフェイドアウトではないんだけどな・・・。ちなみにマトリックスはA3/B1でした。

あとは、セカンドアルバム「More Specials」のUK初回盤も買った。高校生のころからの愛聴盤をようやくオリジナルでゲットであります。100,000枚限定で7インチのおまけがついているものだが、スペシャルズ名義のものではなくRoddy Radiation & The Specials名義のA面、Neville Staples aka Judge Roughneck名義のB面と、ソロの音源を収めた形になっている。LPのジャケは、’60年代のもののようなフリップバック&コーティング仕様、さらにジャケットのデザインのみにポスターも封入されている。タイトルのところにステッカーが貼られているように見えるが、これは印刷。マトリックスはA5/B1でしたが、みなさんのはどうでしたか?
[PR]

by deadfunny | 2005-06-11 18:57