2006年 08月 13日
12.Aug.2006 (Sat)
会社でたまにMXテレビをつけて見ているときがあるのだが、2、3日前に劇場版「Bugってハニー」を放送していたのには驚いた。大半の人がもう忘れてしまったに違いないが、このアニメ作品の主人公はあの高橋名人である(劇中では「高橋原人」)。仕事をしながら垂れ流しているだけだったのでストーリーなどはまるで追っておらず、ヒロインなのか敵キャラなのかわからないアイドルのようなキャラが、攻撃を受けて苦しむ表現がやたらとサディスティックだったのだけ印象的だった。

さて、ブームから20年経った現在もハドソンに勤務していると言われる高橋名人だが、当時はこの「Bugってハニー」の主題歌をはじめ多くのレコード(~CD)をリリースしていたらしく、また最近もベスト盤が出たり、新曲をリリースしたりと、歌手活動もたまに行っている。けっこう歌も上手かったのだろうか。

まあ、そんなことよりも高橋名人と言えば例の「16連射」だ。1秒間にファミコンのひとつのボタンを16回押すという技で、当時誰もが真似したわけだが、実際出来たかどうかを確認したという話は周りで聞いていない。たしか測定器とかあったよね・・・。

で、高橋名人も実は自分用のコントローラにばねを仕込み、イカサマをしていた廉で捕まったという変な噂が流れた。所謂「都市伝説」というやつだ。

「高橋名人」をWikipediaで調べて、わかったことなども上の文には混ぜてあるのだが、Wikipediaの罪なところは、面白そうな単語がリンク表示されていると、つい本題を忘れて他の項目の解説を読んでしまうところだ。僕はそこで「都市伝説」の項を見てみたのだが、これが非常に面白い。自分が真実だと思っていたことまで、実は「都市伝説」だったことが明記されていて恥ずかしい気持ちにすらなる。

都市伝説 - Wikipedia

「女性の下着着用は、1932年の白木屋火災がきっかけとなった」が所謂「ガセビア」であることは最近知ったが、たとえば「『ロンパールーム』の幼児途中退出事件」がちゃんと事実としては公式に確認されていないことや、「猫レンジ」訴訟が実際は存在しないことなどは知らなかった。また、国内の実例に関しては(最近のものを除いて)だいたい自分も聞いたことがある話だったのは面白かった。

テレビ東京が、湾岸戦争勃発時に「楽しいムーミン一家」を放送していた話は、そのとき自分が見ていたのでよく憶えているが、それは「昭和天皇が亡くなったときに通常放送をしていた」に形を変えて伝播した。事実、そういう記述をよくネットで見かけたものであるが、これまた当日テレビを見ていた記憶どおり、通常放送をしていたのはNHK教育のほうということで再確認できた(放映されていた昔の映画「心の旅路」を、他に選択肢がなく観た記憶がある)。

が、例の「ロンパールーム」の場合は30年前の話である。実際テレビで見た、という証言も多いようだが、本当に見たと間違いなく断言できるものであろうか。「都市伝説」が広がり、その場面のイメージがなんとなく定着してそのまま月日が経つうちに、見た(あるいは「録画を見た」など)という記憶が誤って生成されるということはじゅうぶんあり得る話である。


国家的な話から入社試験面接での出来事、ゲームの裏技まで、眺めてみると、本当にいろんな「レベル」で都市伝説って存在するのね。
[PR]

by deadfunny | 2006-08-13 00:22


<< 14.Sep.2006 (Thu)      8.Aug.2006 (Tue) >>