2006年 07月 28日
27.Jul.2006 (Thu)
渋谷・AXにて、マッドネス23年ぶりの来日公演。

どうしても行きたかったライブなのだ。昨年のアルバムを聴いたときにまず思ったのが「ライブで観たい!」というものだったので、とにかく楽しめるんだろうという期待が大きかったのだが、大いに満足させられるものだったのである。

フジロックで観るのを楽しみにしている人もいるかもしれないからあんまり書くと楽しみも減ってしまうかもしれないが、初期のヒット曲はほとんど披露、やたらと外国人率の高い中僕らも負けじと盛り上がった。
2度目のアンコールでは「20年も演奏していない曲をやるよ」と言っていたが、それは僕ら30代半ば以上の日本人なら誰でも知っている、本国ではB面曲だったアレのことである。何百回とプレイしてきたであろう往年のヒット曲のつるべ落とし状態とは比較にならない演奏のこなれてなさに苦笑しつつも、ファンサービスとしては最高である。きっとフジではもっときちっとやってくれるに違いない。

まあ演奏自体が完璧だったなどとは言うつもりはないし、もっと緊張感のある演奏だったらそれはそれで満足度も上がったのかもしれない。でも例えば「It Must Be Love」のコーラス部分でのルーズなタメを利かせたリズム感などはぐっと来るものがあったし、それに、演奏力の完璧さを求めて僕らは集まったんじゃない。気楽に、思い思いに、彼らとの時間を楽しみたかったんだ!

それにしてもマッドネスって貴重なバンドだと思う。誰にも愛されるキャラクター、両手で数え切れないほどのヒットシングルという持ち球の多さ、そしてスタンダードとしての楽曲のパワー。英国労働者階級にしかわからないユーモアやトラジコミカルな部分なんかも大きいんだろうけど、逆に僕らは少しでもそういったものを理解しようとマッドネス(やキンクスなど)を先生にしてたんだっけ。タイプは違うかもしれないが、曲の持つ精神性の根底はザ・ジャムなんかと共通するものがあるように、今日感じた。

やっぱり「ハイ・フィデリティ」のイカれたレコ屋店員・バリー同様、ぜひとも僕の葬式では「One Step Beyond」をかけてもらいたい。もちろんすぐにとは言わない。少なくとも今日のメンバーたちくらいな「ちょい悪オヤジ」を目指さないといけないしね!(笑)

The Dangermen Sessions Volume One
MADNESS
V2 V2CP-216, 2005
ISBN : B0009RJECE
[PR]

by deadfunny | 2006-07-28 01:22


<< 3.Aug.2006 (Thu)      13.Jul.2006 (Thu) >>