2006年 06月 06日
5.Jun.2006 (Mon)
おなじみYouTubeのメンテナンス時に謎のメッセージが出たというニュース。
YouTubeに謎のメンテナンス?画面 (ITmedia News)

20世紀からインターネットが家で使えて、それなりにそのときどきの流行りものについての情報も入ってきていたと思っていたのだが、この画面の元ネタになっている「All your base are belong to us.」(以下、AYB)のことは恥ずかしながら初めて知った。詳しくはWikipediaの説明などに譲るが、ようするに日本のテレビゲームの海外版を出す際に、日本人が翻訳して出来たヘンな英文がどういうわけか連中のツボに入り、瞬く間にこのフレーズが世界に伝播した、という話である。



もともとは「君たちの基地は、すべて我々がいただいた」と言いたかったもので、文法的にはおかしいもののまあなんとか意味は伝わるだろう、というレベルのいい加減な言い回しなのだが、このAYBフレーズを写真などに合成したり、Flashムービーにした作品が数多く誕生、それらを集めたサイトも存在する。なぜ'80年代のゲームの話が突如2000年前後にブレイクしたのかはよく知らないが、英語圏のオタク界隈から派生したジョークアートの合言葉として、現状AYBを知らぬ者はいないかのようになっている。

つまりこれって「ダダ」だよね。我々日本人がバカにされているなどと邪推できるレベルを超えた破壊力で、ほんの一時期ながらも世界を席巻し、そしてこうして今もことあるごとに復活してくる意味不明フレーズ。英語の感覚がよくわからない、という人でも、AYBをどんなビジュアルに取り込んだら笑えるかで競い合った連中のバカパワーの結晶をただ眺めれば、笑えてしまうのではないだろうか。

こちらのサイトがオススメです。)

追記(6月7日):
ここまで書いて、「例の化け物」ことスプーの一件について触れていないのもヘンだよな。ただ、YouTubeで騒いでいるのが日本人だけなら何てことはないが、これが世界的にブレイクすればYouTubeの無法地帯時代を飾る事件として、「AYB」同様にネット史上に記憶されることだろう(すでにYouTubeによる公式削除メッセージまで出たし)。
[PR]

by deadfunny | 2006-06-06 02:35


<< 11.Jul.2006 (Tue)      1.Jun.2006 (Thu) >>