2009年 07月 23日
22.Jul.2009 (Wed)
ウィルコの諸作から遡ってということで、アンクル・テュペロのアルバムでも聴いてみようと思ったんだった。入荷待ち承知でオーダーしていた1st~3rd の3枚(すべてAmazonで800円台)が意外と早く届き、まずはファーストを何度か聴いているところ(昨日書いたやつも繰り返し聴きつつ)。

1990年発表のファースト「No Depression」は、オルタナティヴ・カントリーなるジャンルを確立した名作とのこと、このタイトルを冠した「No Depression」誌なる雑誌で紹介されたものをオルタナ・カントリーと呼ぶ、みたいな状態にもなったこともあり、一種象徴的なアルバムらしい。

No Depression

Uncle Tupelo / Columbia/Legacy



実際聴いてみての感想は後に回すとして、さてはて果たしてオルタナ・カントリーなるものについて僕は当時どれだけ意識していただろうか? 少なくとも1990年、ということは大学に入った年だけど、当時は例えば「クロスビート」誌あたりを参考に、マンチェやらクリエイションやらUKロックばかり聴いていて、アメリカのインディ・シーンは気にしていなかった、かもしれない。ソニック・ユースやダイナソーJr.くらいしか知らなかっただろうな(グランジ以前の話なのだから、「オルタナティヴ」なんて単語も使っていなかったのではないだろうか)。まあ、当時の雑誌を引っ張り出したらレコ評くらいは載っているのかも知れないが、どれだけ日本で紹介されていたのかはよくわからない。アンクル・テュペロも4枚のアルバムをリリースしているらしいが、全然記憶にないんだよなあ。あ、でもジェイホークスくらいは知っていたかな。

カートが死んでベックが登場するあたりから、「アメリカン・ゴシック」なんて言葉をよく耳にするようになったことを思い出す。僕にとってのベックが初めて印象づけられたのは「Loser」でも「メロウ・ゴールド」でもなく、その次に発売された「One Foot In The Grave」だったりするのだけど、ああいうフォーキーのダークサイドのイメージが、そのまま「オル・カン」に繋がったり・・・なんて勝手に想像していたり(たぶん間違っている)。アンクル・テュペロが解散してウィルコとサン・ヴォルトが同時期にデビューしたことは、後追いで知ったような気もすれば、当時知っていたような気もする。音は聴いていなかったが。ウィルコの3作目「Summerteeth」はリリースされて1年くらい経ってから中古で買っている(当時の最新作)が、どうしてこれを手に取ったのかはまったく思い出せない。

で、「No Depression」。想像していたよりもカントリーっぽくなくて聴きやすく、けっこう気に入っている。テレキャスっぽい乾いたエレキの音や、なんかいかにもボディのでっかそうなアコースティック・ギター(ジャケット見るとそうでもないが)の音がカントリーっぽいが、ノイジーなカッティングが性急なビートに乗っかると、パンク以後に実直にロックとカントリーの融合を図った、バーズ(in 1968)的な方法論もうかがえる、のかも。

ブックレットには元メンバーによる詳細回顧録が載っていて、これで勉強しつつ、グランジ前に咲いたオルタナ・カントリーなるジャンルの意味性について自分なりに考察するのも、'90年代以降のアメリカン・(オルタナティヴ・)ロックを検証する上では重要な作業かもしれない。まあ、そんな作業をする暇はあまりありませんが(笑)

(待てよ、R.E.M.の「Out Of Time」なんてその影響下だったりするのかな?)
[PR]

by deadfunny | 2009-07-23 01:17


<< 24.Aug.2009 (Mon)      21.Jul.2009 (Tue) >>